ワインのコルクと栓抜き

>hand made

年季の入ったグルーガン

100均なのにいい仕事してくれます。

 

貯まったワインのコルクをグルーガンでくっつけて再利用

カウンター下の隙間にあう大きさのboxを作りました。

 

 

 

よく飲んだな~
なんて(笑)

 

よく飲みますけど全部私が飲んだわけではありません。
お店で出たコルクも混ざっています。

 

 

あと1つboxを作りたいけどコルクが足りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

このカウンター下の僅かな隙間には
栓抜きやワインオープナーなどを入れておくと便利かな♪

 

 

 

 

 

そうそう
この写真にも写っているブルーの栓抜き
三徳缶切という優れもの✨

 

反対側は缶切りがついていて
真ん中にはコルク抜きまでついている。
昭和生まれは何の問題もなく普通に使いこなせる一家に一台的な
珍しくもない栓抜き。
これが驚くことに、今の若い子は使えないんです。
いえ、反対に驚かれました(笑)

 

考えれば今は缶切りもプルがついていて缶切りいらないですものねー
見つからなくて缶みかん食べれなかったあの時の悔しさ・・・

 

それにペットボトルが普及して栓抜きなんて、瓶ビール飲むくらい?
自動販売機に設置された栓抜きを使いこなせるのなんて自慢にもならない・・・

 

あっと、つい話が脱線してしまいました。アツクナル(笑)

 

世の中は便利になりました。

最近はワインもスクリューキャップやゴム栓に変わってきているので
コルク集めに時間かかりそうです。

 

そうそう、少し寂しかったiphoneケース(☆☆☆

少し色をつけてみました。

 

 

ちょっとラブリーな感じになってしまいました。

 

関連記事一覧