ハサミケース

>hand made

 

タティングを始めた時から使っているハサミとハサミケース

 

 

 

安物だけど牛革で、まだまだ使えるけど

ハサミケースが欲しくて作ってみました。

 

 

 

カルトナージュは自己流だけど、まあまあ可愛くできたと自己満足。
レースはタティングで少し手の込んだハサミケースになりました。

 

どうして2つも作ったかというと、
本当はこのハサミを入れるのにハサミケースが欲しかったからです。

 

 

パーチメントクラフトのハサミ(←この話はまた後日で割愛)

 

このハサミ、眉カットのハサミみたいに先がカーブしています。

 

な・の・で

 

せっかく作ったけど、やっぱり布に引っかかって入れにくい。

結局こうなりました~

 

 

 

 

いけると思ったんだけどな~

やっぱりオチつき
なんでだろうと考えると、落ち着きがないからなんだろうと思いました。

オチつきなだけに、落ち着き・・・
うまい!(笑)

 

ちょっと落ち込みますけど、
でもね、失敗は成功の基なんですよ。

 

子供の頃、洋服の上で布を切っていて
一緒に洋服まで切ってしまった経験があるから
もう同じ失敗しなくなったし

 

・・・言えばいうほど情けなくなるので

 

タティング用のハサミケースは大成功!として締めくくります(*^^)v

 

 

関連記事一覧