クロバーのボビンシャトルの使い心地

tatting

クロバーから待望のボビンシャトルが販売開始と知り、
さっそく購入しました。

 

ずーっと、あったらいいな~と思っていたクロバーのボビンシャトル

大きさは、ボビンなので多少は大きくなっています。
従来のシャトルと比較(左がボビンシャトル)

クロバーのボビンシャトル

 

 

 

開封したらワッシャーが紙の裏についています。

 

クロバーのボビンシャトル

 

ミシンを使って糸巻きができるそうです。
その時にこのワッシャーを使います。

 

気になる使用感ですが、
一言で、静か!使いやすい!です。
今までのボビンシャトルの中では一番良かったです。(個人的意見です)

 

 

ボビンシャトルの利点の一つ、
糸を巻くときの摩擦が少ない。

 

クロバーのボビンシャトルの嬉しい所は、Aerlitのようにシャトルのお尻が出っ張っていないこと。
Aerlitのはとっても可愛いのだけど、私はそこが少しネックであまり使っていません。

 

糸巻きはストッパーとして使えるので、便利です。

 

クロバーのボビンシャトル

 

 

 

 

長く出して糸を巻き取るときは驚くほど静か。
カチカチとか言いません。

 

糸を引いて出す時は、低くこもった静かな音でスルスルと糸が出る。
(糸の残りが少なくなると若干固く感じます)

ただ、これは、どのボビンシャトルにも言えることですが、
必ず結い目を抑えて優しく引く必要があります。

圧がかかるので、細い糸はどうなのかまた今度試してみます。(今回は10番使用)

 

当然ながら、頭にもお尻にも、いつもの切れ込みがなく、戻りの時に間に噛む心配もない。
慣れた従来のクロバーのシャトルと大きさもあまり変わらないので使いよい。

ヒップラインは少し丸みを帯びたのに滑り止めがない
最初滑る感じがしたけれど慣れで解消できました。

 

なかなかいい商品が出たと思います。

あとはクロバーさん、もう少し色のバリエーションを増やして可愛くしてください。
私たちタティングファンのテンションはもっと上がると思いまーす♡ (笑)

タティングシャトル

 

 

 


Clover タティングシャトル・ボビン ホワイト

関連記事一覧