シャトルをデコパージュ

tatting

 

なんだかんだと言いながら、なりにシャトルの数が増えてきました。

 

 

クロバーのシャトル、同じ色がそろってしまいます。

シャトルを2つ使って結うときに、うまく違う色のシャトルに糸が巻いていなければいいのですが、あいにく同じ色のシャトルしか空いていなかったりすると、どちらがどちらかわからなくなるので目印にデコパージュします。

本当はね・・・
シャトルにデコしたくなかったんですけどね。

 

ま、致し方ない。

 

久しぶりのデコパージュ

 

昨年作ったタブレットカバー

 

あじさいの紙ナプキンで作っています。

近くで見るとラメ入り

 

これ、結構評判も良く気に入って、かれこれ1年になりますが
あじさいですが、四季問わず1年中使っています。

 

 

 

色がついているシャトルはジェッソで白くしておきます。

 

 

そうしておかないと、柄が出ないので。

こんなんなりました~

 

 

 

・・・蝶々は可愛くできた(笑)

スペインに住む姉に、シャトルのいいのがないか 注意しておいてと頼んでいますが
一向に音沙汰なし。

期待ウス(ー_ー)!!

 

タティングレースのブレード
少しさみしかったリースにつけました。

 

 

 

ふと思い出した 岡本太郎

「そんなモノ壊れたっていいじゃないか
芸術は大衆のモノだ。
大衆が触れられない芸術なんかに意味なんて有るもんか!」

「壊れたら俺がくっつけてやる」
と言ったらしい。

ふふっ・・・
さすがだね。

関連記事一覧