ドイリー「華麗」中 

tatting

80番で結っているドイリー「華麗」

 

途中のジグザグ、ここが結構気合いがいりました。
シャトル2つで結うのかと思えば
実は1つのシャトル

2つ使いたい!けど、それじゃ勉強にならない(!?)
意味の分からない決めつけと、
本の通りの手法で作りたいという
これまた意味の分からない意地で、シャトル1つで乗り越えました。

 

ここでもドイリー(中)の完成ですが、外周にモチーフをつけて(大)にします。

 

 

 

 

そして今日はタティング教室

未知の世界の100番の糸を持っていきました。

 

 

ベランダのアナベルの蕾が開きだしました。
綺麗に咲くころには完成させたいです。

 

関連記事一覧