Jan Stawaszの洋書

tatting

サシェを編み終わって次は何を編もうかと暫く考えておりましたが、

とても素敵な本に巡り合いました。

タティング歴が長い方はご存じだと思いますが
Jan Stawasz氏の❝ Tatting Theory and patterns ❞ と ❝ Tatted Treasures ❞
歴浅い私ですが、素敵な作品に魅せられて
迷うことなく購入してしまいました。

 

この暑さに負けそうで、1日シャトルを持つことができない日がありましたが
一瞬にして制作意欲かきたてられてしまいました。

中は英語とポーランド語で
どちらも読めませんが、編み図は読めそうなので「何とかなるでしょう」
幸い、性格上 根拠のない自信だけは持ち合わせております(笑)

まずJan Stawasz氏の本に多く載せられているお花を作ってみました。
(トレードマークなのかしら・・・?)

本をよく見るとわかりますが、

今まではピコットの大きさを揃えるのが難所でしたが
Jan Stawasz氏の作品はピコットが小⇒大⇒小となっています。

そうして花弁の美しさがでているのですね。

※編み図はJan Stawasz氏のHPで公開されています⇒☆☆☆

(追記:JanのHPは削除されてしまったのでしょうか、リンクエラーとなりました)

 

編み図が二つあるので、二つとも作ってみました。

右のほうが繊細な感じがしたので、
僕の作り方は右だよ~みたいなカンジなのでしょうか?読めないのでわかりません(≧▽≦)
(なんで二つあるのか誰か教えてください)

ピコットが変!
左は花より葉が目立ってしまっています。
右は意識しすぎてオモロイ形に・・・

ピコットゲージはできるだけ使いたくないけど、やっぱり必要かな~
ゲージに頼るとゲージなしではできなくなりそうな気がするのですよね。ワタシダケ?

繰り返し練習するしかないですね。

Jan Stawasz氏、昨年の2013年に亡くなられたそうです。
もう彼の本が世に出ることがなくなったのは、とても残念です。
彼の最後の作品となったこの本、大切にしたいと思います。

関連記事一覧