ターシャ・テューダ展

>holiday

憧れてやまないターシャ・テューダーの世界

 

ターシャ・テューダーはアメリカの絵本画家でもありますが、
とってもとっても素敵な30万坪もの手作りのガーデンが素敵すぎるのです。

 

ターシャは2008年に92歳で亡くなられていますが、最期は庭が一番きれいな6月に
3面が窓で庭の花がよく見える部屋で亡くなられたそうです。

 

驚きなのは、ターシャの庭は30年もの月日をかけて作られたそうですが
40代で離婚を経験し、子育てが終わった50半ばから、あのガーデンを作り上げたんです。
なんか、私もまだまだ頑張らなくっちゃ
もう時間がないとなんだか焦っていたけど、ターシャからしたら「これからよ」なんて言われそう。

 

そのターシャ・テューダの生誕100年のターシャ・テューダー展があるというので行ってきました。

 

生誕100年のターシャ・テューダー展のチケット

 

 

 

ちゃんとfacebookから割引チケットをいただきました♪

 

鉛筆や水彩絵の具で描かれた優しくて温もりのある絵
コレクションで集めていたアンティークのドレスなどが展示されていました。

コーギーコテージでのシンプルな生活
好きなものに囲まれて生きるそのスローライフは夢の中のよう

 

レースを編んだりぬいぐるみを作ったりするターシャの言葉「何かを生み出すことに、人は喜びを感じる」

作ることの喜びは生み出すことの喜びなんですね。

 

~少しの時間でもいいからお茶を淹れましょう。そうするとリフレッシュして心にゆとりがでるのです~

 

ここのところ忙しくてゆっくりお茶を飲めていなかったので
ターシャにならえで、ティータイムにしました。

 

 

 

心のゆとり・・・

必要ですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧