昭和レトロなジャイアントパンダ

daily living

今から45年前、東京の上野動物園にジャイアントパンダの《カンカン》《ランラン》が
来日したニュースは幼かった私にも鮮明に記憶に残っています。

 

祖母の家の大きなステレオの上にはビクターの犬の置物とチャイナ帽を被ったパンダのぬいぐるみがありました。

 

私のお気に入りはジャイアントパンダの鉛筆。

 

誰からもらったのか、1本だけしかありませんでした。

覚えてないけど、当時よく交換しあっていたので1本だけ何かと交換してもらったのでしょう。

 

何故かしら心惹かれ、使わずに大切に大切にしていました。

 

 

それが!

なんと!

ある日!

姉に!

勝手に削られて使われてしまったのです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

泣いて怒って拗ねて

もうこんなのいらん!って姉に投げつけて

意固地な私は2度とジャイアントパンダの鉛筆を触りませんでした。

 

おかしいですね(笑)

いつまでも覚えているなんて。

 

何度も見ていたのでジャイアントパンダの絵もハッキリ鮮明に覚えていました。

 

もう一つ昭和のジャイアントパンダの思い出として

(こちらが本題かも)探しているジャイアントパンダのオモチャがあります。

 

 

それを探していて、たまに思い出した時オークションを覗いたりします。

 

 

そしたら別の奇跡。

 

姉に削られて泣いていた宝物だったジャイアントパンダの鉛筆をみつけたのです。

もちろん新品✨

 

 

レトロ鉛筆

 

 

鉛筆という消耗品に45年ぶりに巡り会えるなんて奇跡です。

 

 

ジャイアントパンダの鉛筆

 

悦に入る

ひとりニヤニヤです。

 

*****************************************************************

 

探していたのはこちらのパンダ

 

何年か前に画像だけは探し出しました。

 

 

酔っ払いパンダ

 

「どうやって動くのでしょう」と書かれていましたが、

電池で動きます。

私が思うに、ミルクではなくお酒
酔っ払いパンダです。

コップにお酒をついで飲みます。
2回飲んだら、ウ~きく~みたいに首を振りながら少し上を向いて瞼を閉じます。
片足はブラブラ動かしていたと思います。

これは流石に見つからないかな(笑)

 

 

 

 

関連記事一覧