プレクトランサス

>herbs and flowers

作りかけのタティング「フェアリー」はボッチラ~ボッチラ~と、
超スローテンポで進んでいます。

やろうと思っても、用事が済んで少し横になったらおしまい
うたた寝をしてしまいます。

 

春なので。。。
やっぱり草花に気がいってしまいます。

 

 

前にタティングのレッスンの時にいただいた
プレクトランサス ウェルティキラツス
とても大事にしていたのに、とうとう消滅してしまいました。

 

どうしてもまた欲しくて。でもショップではあまり見かけません。
が!ネットで見つけました♪

 

(多分)プレクトランサス ウェルティキラツス
Plectranthus Verticillatus

プレクトランサス ウェルティキラツス Plectranthus Verticillatus

 

すご~い!
思っていたより大きい!

 

南アフリカ原産プレクトランサス属 スウェーデンアイビーとしか明記していなかったので
ウェルティキラツスがどうかハッキリ判明していません。

 

厳密に言うと、スウェーデンアイビーはウェルティキラツスではないようです。

スウェーデンアイビーの流通名はプレクトランサス アウストラリスを指すとか・・・
こちらはオーストラリア原産で、
プレクトランサス ウェルティキラツスは南アフリカ原産。
どうしてかスウェーデンアイビーがごちゃ混ぜになっているようです。

 
南アフリカ原産とあるし、葉を見る限り間違いないと思っていますが、以前にいただいたものより葉もかなり大きいので、
花が咲くまで確定ではありません。

 

それで?ついでに
プレクトランサス モナラベンダーまで仲間入りしてしまいました。

Plectranthus Mona Lavender

Plectranthus Mona Lavender

 

 

名のごとくラベンダー色の花が咲きます。

葉の表面には毛で覆われていて、裏は紫。
これなら私でもシソ科ってわかります。

 

 

まだ小さな苗なので、今年は花が見れるかな?

 

これで我が家にはプレクトランサスが3つになりました。

もう一つは、アロマティカスがありました。

 

プチプチ切っても脇芽伸ばして元気です。

 

 

今度は消滅させないように今のうちに
挿し木して増やしておきたいです。

 

春なので。。。
ハーブと草花のカテゴリーが続きそうです。

春なので。。。

 

関連記事一覧