Miniature rosesそして娘

daily living

何年も前に買ったミニバラ

管理もろくにしないのに毎年咲いてくれます。

 

柔らかいこの色が好き

 

 

母も姉も真っ赤なバラが好きなんです。
それはそれで綺麗なんですが、私の好みのそれとは少し違う。
2人からは私の好みは地味に見えるらしい。

親姉妹でも好みって違うモノなんですね。

私の娘の好みはどうなんだろう・・・

 

 

訳あって離れて住んでいる娘
長年疎遠になっています。

 

最近は、娘の好みもわからないので誕生日やクリスマスは味気ない現金(笑)

 

でも、嬉しい出来事がありました。

 

その娘と会えました。

 

感無量になって泣きそうになった私を、娘のアイコンタクトで「泣くなよ~」と言っていました。
それに気がつき涙をグッとこらえました。アブナイ アブナイ

 

年頃になって美しく成長した娘(親バカ)

 

ほんのひと時の事でしたが、娘にサンダルを選んでもらいました。
しかも、娘とお揃い♡

娘に会いにエスペランサ

 

 

黒・茶と履いてみる私に「ん~」「やっぱり白かな」

 

こんな些細な普通の日常も、
私にとっては大きな大きな出来事でした。

 

 

 

 

すぐには花咲かなくても
少しづつ花が咲いていく・・・

 

まだ時間は必要です。
でも、少しづつ距離は近づいています。

 

母はいつまでも、いつまでも待っています。
この気持ちが凹たれそうになっても、私を前に駆り立てます。

 

どんな人にもいろんなことがあります。
でも、生きてさえいればいつかは道が開けると信じて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧