祝い酒・マートル酒

>herbs and flowers

春に咲いたマートル(和名:銀梅花) 別名:祝いの木

マートル・ギンバイカ

 

マートルの実で作るお酒を造りたくて育て始め、9月には葉からマートルのチンキを作りましたが
今年はじめて実を収穫できました。

 

マートルの実

 

 

たくさん咲きましたが、採れた実はたったの38粒

小鳥に食べられちゃったんでしょうね。

少ししか収穫できなかったけど、作ってみます。

 

 

ホワイトリカーの小さな瓶を買いましたが、
それでも多いようなので、冷蔵庫にあったレモンも漬けることにしました。

 

 

 

氷砂糖は感だけで・・・
レモンには30粒、マートルには20粒
実に対してお酒の量が多かったかもです。

砂糖を入れなければエキスの抽出が難しいらしいです。

1日目のマートル酒

 

 

1か月漬けるという方や、半年熟成させるという方がいらっしゃるようですが
どちらがどうなのか・・・様子を見ながらの実験になります。

 

 

2日目のマートル酒

ほんのり紫色が出てきています。

 

 

 

4日目のマートル酒

 

完成するとワインのような色になるそうなのです。

 

これを飲まれた方の感想が、どれも良かったので
どんな味なのか、この舌でどうしても確かめたい欲の塊(笑)

 

マートルは、「幸運を呼ぶ花」
ウェディングのブーケに使われたり、
花から作られる化粧水は「天使の水」オーダンジュとして知られ、
実は乾燥させてスパイスにもなる。

育てやすくて花もとても繊細で可愛い

 

マートル酒の味は・・・

完成まで待ち遠しいです。

 

 

関連記事一覧