ゴシック体

calligraphy

カリグラフィーが次の課題に入りました。

せっかくカッパープレートのペンに慣れそうな頃に
平筆で描くバラになり
また新しい書体に移りました。

 

今回はゴシック体です。

 

いままでの傾斜慣れを垂直にするのに、気合いが入ってしまいます(笑)

 

なにコレ~

 

Xなのか~
聞かなきゃ読めないわ。

 

それに、アッチ行ってコッチ言ってのS

 

 

コッチ行って~
コッチ行って~
コッチ

なんて頭で理解しながら書いてる段階です。

 

でも、不思議とカリグラフィーは やり終えるとスッキリ感があります。

何故なんでしょう・・・

 

タティングは完成した時の達成感。
できた~!みたいな。

 

カリグラフィーは、気持ちがスキッとするのです。

 

 

 

ゴシック体も文字間隔が難しい課題です。

 

 

ここの所、気持ちが右往左往しています。

私の場合は、自分のペースを作るのに一生懸命になるのが必要で、
会社の仕事も少し潮時を迎えていて、夫からはもう辞めるように言われました。

今の会社で働いて8年を過ぎましたが、自由が利く半面かなりキツクて私自身が持たないと思ったそうです。
私自身も もう限界かな~とおもいつつ、いつも騙し騙し来ています。

辞めるのは簡単ですけど、後悔しないように
自分自身、半々な気持ちです。

親や親しい友人にも言われるのが「もう少し、したたかになった方がいい」

私、結構ずる賢いんですけどねーと思っているのは自分だけで
無理なことは無理と言えず
やってみせるという変な負けず嫌いなところが周りにいいように使われているんだそう。。。

そんなこと言いながら、主人の仕事の手伝いにも入ってる有様なんですけど(笑)
家業だし仕方ないですよね・・・

でも、わたし負けないわっ~!
思えばその方向に向くはず、いつしか自分のペースに持っていくんだから♪

 

なんだかんだ言っても、恵まれていると思います。

 

 

いつもは飲まない米焼酎

もちろんMade in KUMAMOTO!

 

パック酒(笑)

 

関連記事一覧