美しい硬質ガラスペン

>holiday

前から欲しいと思っていたガラスペン。

 

世界中に素敵なガラスペンがありますが、
ガラスペンって日本発祥なんですってね。
なんか嬉しいですね。

 

ずーっと欲しくて物色していましたが、
その中で最初の1本はコレ!と決めていました。made in Japan

 

ネットからも買えるのですが、どうしても実物をこの目で確かめたくって、
先日のお休みに京都まで車を走らせました。

 

向かった先は、管清風さんのガラス工房ほのお

 

 

最初の1本がとてつもなく極上の1本となってしまいました。
素晴らしい!

 

 

実物はネットで見るより、それはそれは眩く輝かしく、美しい!感動です。
ラッキーなことに全種類が揃っていました。
(手作りのため在庫がない場合があるそうです)
なのに見惚れていてせっかくのガラスペンを写すのを忘れてしまいました・・・(:_;)

 

惜しげもなく全部手に渡して下さり、試し書きもさせて下さいました。
硝子なのでガリガリするのかと思っていたら、スッと線が引け心地よい紙とガラスが擦れる音。
無駄な力も必要なく、ペンの重みだけでスッっと書けます。

 

 

 

もう私の心は舞い上がっていました。
美しいだけでなく、気持ちの良い書き心地。
工房に行く前よりガラスペンの虜になってしまいました。

 

どれにしようか迷った末、私の手に一番シックリした❝大文字❞に決めました。
色もグリーンもとってもキレイだったので迷ったのですが、決めていたクリアにしました。

硬質ガラスペン 大文字

 

 

 

インクボトルの狭い口にガラスが当たらないように広めの口
そして中にはスポンジが入っていてインク垂れがしないように考慮された清風さんオリジナルのインクボトル。

 

 

「インキ万タンです」の手書きが心なごむ。

 

満タンに入っているので、瓶をまっすぐにして開けないとこぼれるので
書き足してくださったんでしょうね。

 

管清風さんは96歳。
今なお現役でご活躍です。
管清風さんのガラスペンの特徴はなんといっても硬質ガラスペン。
硬質ガラスのペンは1200度ものバーナーの炎で焼成され加工がとても難しいそうです。
硬質ガラスのペン先は強度があり、ガラスペンの弱点であったペン先の摩擦を防ぐそうです。

 

管清風さんのガラスペンはペン先から軸まで硬質ガラスです。
キラキラ輝いて見ているだけでウットリ。

管清風さんのガラスペン

 

 

 

 

ガラスペンは引っかかりがないので英文も書けます。
でも、縦書きがしたくなりました。

 

久しぶりの縦書きに手が震える。

これを機会に、美しい縦書きができる大人の女性になりたいなと思わされた。

 

ガラスペンで書いた文字

 

 

 

 

癒されます。
平和な世界を目指し尽力されている各界の著名人の方々にこの「平和のガラスペン」を寄贈されていらっしゃるそうです。

 

記念に一枚撮っていただきました。

 

 

素晴らしいガラスペン、ありがとうございました。
大切に大切に、孫の代までも使わせていただきます。

 

 

手作りの一生物ってやっぱりいいですね。

 

 

 

 

関連記事一覧