取りつかれたように猛練習

calligraphy

カッパープレート体になってから、あまり練習していなかったので
今夜はシャトルをペンに持ち替えてカリグラフィーの練習です。

 

 

 

まだペンのコツがつかめていません。
インクも滲んでしまう。

慌てて練習する気になったのには理由が・・・

 

 

 

この小さな額に書いた文字を入れたいのです。

立て続けにお祝い事が重なっていて
お祝いを何にしようか考えていましたが、
信号待ちでふと覗いたプリザーブドフラワーのお店で可愛いリースを見つけたのです。

この小さな額は、リースについていたものと同じものなんですが
できれば・・・せっかくなので・・・
自分で書きたいと伝えると、先に額を渡してくれたのです。

 

そういう訳で猛練習となりました。

お尻に火がつかないと動かないタイプです。

 

 

 

 

welcome  welcome  welcome・・・

小文字だけなのは、まだ大文字を習っていないからです。

お手本をみてちょっと真似てみました。

 

 

 

 

 

まさに「Wの悲劇」

次のレッスンは来月、額は今月末にはお店に持って行かなくてはいけないので
先生に教わるには間に合わない。

とりあえず猛練習します。

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ティンカーベル

    がんばってますねえ。

    カリグラフィーって、面白い形のペンを使うんですね。
    知らなかったー。

    Wの悲劇には、笑ってしまいました。Wにじゃなくて、言い方が!
    できたら、成功作品も見せてくださいね。

    • Blanctulle

      ティンカーベルさん

      カッパープレート体のペンの形、変わってるでしょ。
      これが慣れるのが難しくって〜
      Wの悲劇ですわ笑

  2. yumibag

    お知りに火がつかないと、、、まさしくワタシもです
    Wの悲劇  上手いこといいますなぁ~
    それにしてもこうゆうのが直筆だなんてすばらしい
    ステキなプレゼント 喜ばれること間違いなしですね!

    • Blanctulle

      yumibagさんへ

      何事も、思いつくのは瞬足なんですけどね、
      後のこと考えていないのがいつものことで・・・
      少し後悔!(笑)

CAPTCHA