80歳・傘寿祝い

母 傘寿のお祝い
>holiday

母が満80歳のお誕生日を迎えました。

80歳と言えば傘寿(さんじゅ)
数えでお祝いするのが本当なのでしょうけど、昭和12年生まれの満80歳。
一年遅れちゃいました!

 

何かお祝いしないとな~
でも、もうそんなに物欲もないので
楽しい時間を過ごせることが一番かと考えて、母に内緒で温泉旅行を計画していました。

 

そして私と同じように姉も「楽しい時間」を考えていたようで、
この日のために姉は名古屋から駆け付け、
まずは先に姉の計画を実行。

 

母娘3人で伊勢海老を食べに行きました。

 

母の食欲は現役です(笑)

私はおこぼれでラッキー(笑)

 

お店の計らいでチョコのお祝いメッセージ

母 傘寿のお祝い

 

タティングレースのネックレスはお気に入りみたいで、この日もつけていました。
あまりタティングのアクセは作らないけど、こんな風に気に入ってるのを見ると
また作ってあげようかな~と思わされます。

 

 

少し恥ずかしそうでしたが紫のチャンチャンコ

 

とても80歳には見えないのに、お顔はNGだそうです。

 

学のない母が幼子2人抱えて必死に育ててくれました。
それは苦労したことだと思います。

それなので、私たち姉妹は
ついつい母を甘やかせすぎたりもしてしまう所もあるのです。
(その倍は迷惑や心配かけていますが…)

 

後日は私の計画で
大阪府豊能郡にある温泉に行きました。
主人もお店を休んで、忙しい息子も休みを合わせて
みんなで一緒に行くことができました。

 

宿は多少古いですが、お料理はとっても美味しかったです。

 

 

 

「よく食べるわ~ちゃーちゃん」息子もビックリしていました。

私でもお腹パンパンだったのに、全部残さず平らげていました。

 

でも、嬉しそうにしている姿を見ると
連れてきて良かったと、私も嬉しくなりました。

 

帰りのお昼は予約しないと入れないお蕎麦屋さんで食事。

 

ここ、大阪という事をすっかり忘れてしまう景色です。

藁ぶき屋根の店内では薪ストーブが焚かれていて、時がゆったりと流れていました。

 

 

近場で申し訳なかったけど、大大満足に喜んでくれたので
この計画は大成功でした。

 

次はどこに連れて行こうかな、
また頑張って働こー!

 

内々の話にお付き合いありがとうございました。

関連記事一覧